本ページでは、私のエックスサーバー利用体験談をお届けします。

私は、もともと会社用のホームページ(自営業の建築系)をfc2というサーバーで自分で作っていました。そこで主に施工事例などを更新していました。

独立して7年目になり、自分なりに事業の幅を広げてみたいと思い、同じ業種の仲介サイト構築を検討するようになり、CMSを導入できるワードプレスに目をつけ、その際に同時に見つけたのがエックスサーバーでした。

 

ワードプレスを検索すると、高確率で一緒に出てくるエックスサーバー

ワードプレスのみでサイト構築も出来るため、まずは作ってみて感触を確かめたいと思い試してみました。

私自身はプログラミングやサイト構築専門の知識はなく、ほぼ素人なのでわからない専門用語を都度調べながら試し、調べながら試し…ということを何度も繰り返し、かなり苦労しました。

ワードプレス単体での構築は、素人にはかなり難しいなと思い知りました。

何とかならないものかと悩んでいるときにエックスサーバーという物を見つけたのです。

わざわざサーバーを自分で接続しなくても、難しい知識なしでも比較的わかりやすく使いやすいというコメントが多くあり、エックスサーバーを使ったワードプレスに切り替えました。

エックスサーバーでのワードプレスはコツをつかめば作成しやすい

ワードプレス単体での作成画面とエックスサーバー経由のワードプレス作成画面は微妙に配置や仕様が異なるため、最初は苦戦しましたが、慣れてくると比較的使いやすいなと感じました。

作成したサイト上に設置したreCAPTCHAの設定が甘く、サイトが開かなくなってしまい、これはサイトを全部消去して0から作り直さなくてはいけないのかと落ち込みました。

しかし、エックスサーバーの管理画面からプログラムを変更することで復活させることが出来たときは、ホッとしました。

コツを掴めばかなり使いやすく、個人的にはありがたい機能のついた物だと感じています。

集客の際に負荷がかかっても比較的耐えてくれるのがエックスサーバー。

私が作りたかったサイトはCMSなどで集客をメインに考えたサイトなので、短時間のうちにアクセスが集中し、サーバーダウンしないものを選びたいと思っていました。

いろいろな記事を読み、エックスサーバーのサイトの内容も見て、ここなら比較的大きなサイトでもサーバーダウンはしなさそうだなと思い、エックスサーバーにしたのがもう一つの理由です。

ただ一つ、デメリットとしては、ワードプレス単体での作成と比べると、作成画面で作業中にちょっとしたことでページが反映されなかったり、エラーになりやすい印象があります。

エラーになったら一旦ページを閉じて開き直せば済むのですが、少々手間がかかるなと思いました。

比較的無料で利用できるプラグインは多くありますが、きちんとしたものを作ろうと思えば、それなりにコストはかかります。

本格的なサイト構築用の無料のプラグインをもっと増やしてくれたら、さらに使いやすくなるのになと思います。

素人や経験が浅い人は、エックスサーバー経由でのサイト構築がおすすめ

個人用のブログや小規模のサイト構築であれば、少々難しくても自力で作成出来ますが、CMSなど専門的なことやサーバーの接続の知識があまりない人は、エックスサーバーを使ってサイトを作ることで、ある程度説明や管理画面の項目を辿っていけばなんとか作れると思います。

エックスサーバーへ質問も出来ますが、作成したサイト自体に関する事は断られることも多いので注意しましょう。